用語集 -GLOSSARY-

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

か行

外構工事
(がいこうこうじ)
敷地内の建物以外の工事。門塀、排水、舗装、植栽工事など。
階高
(かいだか)
ある階の床高から、上階床高までのこと。
確認申請 建物を建てる際、建築基準法に適合しているか、役所で確認してもらうために申請すること。
片流れ 一方だけに傾斜した屋根のこと。
かぶり コンクリート表面から鉄筋までの厚み(あるいは深さ)のことを「鉄筋かぶり」という。コンクリートにひび割れ(クラック)が生じると、アルカリ性のコンクリートは酸化し、侵入する雨水や外気で鉄筋は錆びてくるが、かぶり厚が大きければ酸化によるコンクリートの劣化も鉄筋の錆びも防ぐことができる。結果、かぶり厚が大きければその分建物の寿命は延びることにもつながる。
ガラリ 斜め、羽重ね(はがさね)状にすき間をあけて取り付けた細巾の板のこと。ルーバー、よろい板などともいいます。
仮囲い
(かりがこい)
工事期間中、工事現場の周辺に設ける囲い。交通の遮断、内外の安全、盗難の防止等のために設けられます。
可動間仕切り
(かどうまじきり)
建物を傷めないで家族数の変化や生活様式の変化に応じて、取り付け取り外しができる間仕切り。子供部屋、居間と食堂の間に設置するものが多い。
鴨居
(かもい)
障子、ふすまを入れる部分の溝のある上側の横木のこと。下にあるのが敷居(しきい)。
乾式工法
(かんしきこうほう)
内外壁の仕上げや下地にモルタルや土壁など、水を含んだ材料を使用せず、工場で生産された外壁材や、合板などを現場で取付ける工法。
矩計図
(かなばかりず)
建物の各部分の標準的な高さや仕様を示すために、軒先を含む代表的な外壁部分の垂直断面を描いたものを矩計とか矩計図という。平面図とともに建築設計図面の代表的なもの。
元金均等返済
(がんきんきんとうへんさい)
ローンで元金を均等に返済していくため、利息が次第に減額され、期間ごとの返済額が少なくなっていく返済方法。
壁式構造 耐力壁によって建物の荷重を支える構造のこと。ツーバイフォー工法も木造パネルによる壁式構造です。

(かまち)
窓障子や扉本体の縦、横四周を構成する細長い部材のこと。建物一般では、床の間や玄関の部分に横に入れる化粧材のこと。床框、上り框、縁框などがあります。
基礎 建築物を支え地盤に定着させる部分。独立基礎、布(ぬの)基礎、べた基礎などがある。
切り土
(きりど)
傾斜のある土地を平らな土地にするために、地面を掘り取ること。
切妻
(きりづま)
棟を中心に、左右に振り分けて勾配をつけた屋根。
逆梁工法
(ぎゃくばりこうほう)
ラーメン構造で組み立てた梁は、一般的に天井の下を通るため、室内に梁が出っ張る形になる。この梁の張り出しをなくすと、天井はスッキリし、家具のレイアウトもしやすくなる。また、梁を住戸の外側(一般にバルコニー側)まで移動すれば、天井も開口部も大きく取れる。それを可能にするのが逆梁工法(逆スラブ工法)。
居室
(きょしつ)
住宅では居間、ダイニング、ダイニングキッチン、子供室、寝室など継続的に使用する部屋をいいます。台所、浴室、トイレ、洗面所、納戸等は居室として扱いません。
躯体工事
(くたいこうじ)
建築物の骨組みの工事のこと。仮設工事、仕上工事、設備工事などは含まれません。
蹴上げ
(けあげ)
階段の側面のこと。
けこみ板
(けこみいた)
階段の立ち上がり部分に張る縦板のこと。
化粧合板
(けしょうごうばん)
普通合板の表面をプラスチック材料などで覆ったもの。
珪藻土
(けいそうど)
藻の一種である珪藻類の遺骸による堆積土で、素材色は白色、灰白色、淡黄色。多孔質で吸水性に富むが、軽くて脆い。もともと研磨材、耐火材、七輪などの材料に使われたが、近年、高い吸放湿性、吸臭・吸音性、断熱性からシックハウス対策として注目され、住宅の内・外壁に使用されることが多い。

(けた)
棟と平行に取り付ける横材のこと。
建ぺい率
(けんぺいりつ)
敷地面積に対する建築面積の割合のこと。 建築面積÷敷地面積×100=建ぺい率(%) 特定の場所の建ぺい率は、用途地域によって、また場所によって異なることがあります。
建築面積 建物の真上から光をあてた場合、下に落ちた影の大きさに相当します。ただし、軒先やバルコニ−といった部分は1m以内の突出は建築面積に算出されません。
工作図 建築物の各部分の納まり、接合部の詳細、加工に必要な寸法などを明らかにした図面。
工事請負契約
(こうじうけおいけいやく)
工事を施工するにあたって必要とされる内容について、工務店と建主がとり交わす契約のこと。内容は、請負工事金額、工事期間、請負金額の支払い方法、工事中のトラブルに対する措置等についても記載されます。
合板
(ごうはん)
ベニヤ板ともいう。薄く切った木材を奇数枚貼り合わせたもの。木材を交互に直交させることにより、強度を高めている。
腰壁
(こしかべ)
窓の下端から床までの側壁のこと。
小屋組
(こやぐみ)
屋根を支える骨組み。和風小屋組みは梁(はり)と束(つか)によって屋根を支えます。
小屋裏 屋根と天井の間の部分。その空間が屋根裏。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行