用語集 -GLOSSARY-

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

さ行

在来工法
(ざいらいこうほう)
在来軸組工法ともよばれ、土台や柱、梁などを用いて組み立てられる構造形式です。この工法は、日本に古くから伝えられたもので、長い歴史の中で改良が加えられ、変還してきています。
サイディング 建物の外壁に使用する仕上材のこと。木材、セメント板、金属、セラミック等が用いられる。
サニタリー キッチンを除く浴室、洗面室、トイレなどの水まわりの設備を持つ部屋の総称
サンルーム 日光を多く取り込めるように、天井及び壁に大きなガラス窓を設けた部屋のこと。
竿縁天井
(さおぶちてんじょう)
一般的な和室の天井形式。天井の回り縁に竿縁という細長い横木を45cm内外で取り付けて、天井板を支えたもの。
仕上表 建物の外部の仕上げや各室ごとの仕上げを一覧表にまとめたもの。
GL
(じーえる)
グランドライン。建築物の建つ土地の表面のことをいいます。地盤面ともいいます。
市街化区域
(しがいかくいき)
都市計画を実施するにあたって、開発すべき場所を市街化区域といい、開発しない場所を市街化調整区域といいます。市街化調整区域には、一般の住宅等は建てられないことになっています。
直床工法
(じかゆかこうほう)
鉄筋コンクリートの床スラブにカーペットやフローリングを直張りすること。
軸組
(じくぐみ)
屋根・床の荷重を支え基礎に伝えます。壁体の骨組みの役目も果たします。
システムキッチン 共通な色、寸法のユニットを一体のカウンタ−でつなげたキッチンをいいます。
システム洗面化粧台 収納キャビネットや鏡・カランなどのユニットを好みで組合せることのできる洗面化粧台。
地鎮祭
(じちんさい)
建物を建てる際に、地の神に工事の安全を祈願する儀式のことです。
漆喰
(しっくい)
消石灰に糊剤を混ぜたもの。日本古来の左官材料として使用される。
実施設計 工事にとりかかる時、寸法や納まりなどを実状に合わせて描く設計図のこと。
地袋
(じぶくろ)
脇床や壁の最下部、床板に接したところに設けられる小型の戸棚のこと。
斜線制限 道路斜線・隣地斜線・北側斜線の3種があります。
集成材
(しゅうせいざい)
数種の部材を組み立て、あるいは貼りつけて一つの機能を持たせた複合的構成材。
住宅金融公庫 住宅向けの低利長期の融資を行う目的でつくられた公庫。1950年設立。
書院 床の間の外部に面する側につける出窓のこと。元来その場所を書見などに使ったところからこの名が生まれました。
仕様書
(しようしょ)
図面に表現できない事柄をまとめた、工事の指示書のことです。品質、性能、施工方法、部品や材料のメーカーなどを指定します。
上棟式
(じょうとうしき)
上棟は棟(むね)上げともいいます。建物の最上部の部材を取り付ける儀式的な意味と、これからの建築を進める大工さんや職方さんとのコミュニケーションを図るという目的もあります。
真壁
(しんかべ)
柱の見える壁、壁の仕上げが柱面より後退して取り付けられており、和室などに用いられます。
シングル葺き
(しんぐるぶき)
薄い板を並べるという最も基本的な屋根の葺き方をいう。このとき板の種類が金属板であれば「金属板葺き」、スレートであれば「スレート葺き」、アスファルトシングルであれば「アスファルトシングル葺き」と呼ばれるが、いずれも「シングル葺き」の一種である。
人造大理石 大理石の粉末を固めて作ったもの。
スキップフロア 住宅の一部分の床の高さをずらした住宅の建て方をいいます。変化のある室内空間が得られます。
筋かい
(すじかい)
軸組の垂直面において、垂直材(柱)と水平材(胴差し・土台など)を対角線にそって斜めにつなぐ材のこと。筋かいを入れることによって、軸組が水平方向の力に対抗できるようになり、構造強度が増す。建築基準法施行令第45条では、筋かいの基準を設けるとともに、筋かいと柱・土台等を「金物」で緊結することを義務付けている。
スタッコ仕上げ 大理石に似た表面仕上げを得るために、セメントモルタルを5〜10mm程度吹き付けたり、塗りつけた後、コテやローラーで凹凸に模様を付ける仕上げ。本来は消石灰に大理石粉、粘土粉を混入した左官材料で仕上げるが、最近はセメントモルタルで大きな粗面とすることが多い。
スラブ 建築用語では、鉄筋コンクリート構造における床板のことを「スラブ」と言う。鉄筋コンクリート構造では、スラブは大梁や小梁と一体化して成型される。
スリーブ 設備工事で配管の継手に用いられる筒型の部品。またコンクリートの壁、床、梁などを貫通する設備の配管類のためにあらかじめ埋め込んでおく筒状の金属管のことをいう。
スロップシンク 床掃除のモップ・雑巾などを洗うため、また掃除で使った汚水を流すための深型の流し。主にバルコニーや便所、湯沸し室に設置される。「掃除用流し」ともいう。
スパン 構造物を支持する柱間の支点間の距離。長いスパンを支えるためには、強い張力を持つ梁(はり)が必要になります。
墨出し
(すみだし)
工事の進行に必要な線・形や寸法を主として建材上に表示すること。一般に大工が墨つぼを用いて墨で表示するところから墨出しといわれます。
施工計画図 施工者が工事を行うのにあたって、仮設物、機械の配置、資材の搬入経路、施工の順序、方法などを計画したものを図面に表したもの。
施工図 設計図書に基づいて、実際に仕事ができるよう細部を図示したもの。原寸図・工作図・取付図・割付図などがあり、建物そのものを表現する図面に限られ、ふつう現場で作成される。
石膏ボード
(せっこうぼーど)
石膏を心材とし、両面をボード用原紙で被覆した板のこと。施工が簡単で、温度・湿度による変化が非常に少ないことから、壁材、天井材(あるいは壁・天井の下地材)として多用されている。
セントラルヒ−ティング 建物の1カ所にボイラ−を設け、そこから各部屋にダクトを通して温風や冷風を送り、家中の暖冷房を図るシステム。
外断熱 室外側に断熱層を設け、室内への外気温移動の影響を少なくする構法のこと。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行