用語集 -GLOSSARY-

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

は行

配置図 敷地内での建物の位置、方位、道路との関係などを示す図面。
PS
(ばいぷすぺーす)
上下水道管(さらにはガス湯沸器など)を収納したスペースのこと。住戸の外部(玄関脇など)に設置されているのが一般的である。このパイプスペースの中に電気・ガス・水道のメーターを納めているときは、「MBPS」と表示されることがある。
パ−ス 打合わせなどに用いるため、建物の外観や内部を立体的に書いたもの。
ハッチ 台所と食堂との間に設けられた、物を出し入れする開口部のこと。
パティオ スペインやラテンアメリカなどの住宅に見られる中庭。一般的には、多彩なタイル張りの床、噴水、植木などで構成された中庭。スペインやラテンアメリカなどの住宅に見られる。
幅木
(はばき)
壁と床の間に床と平行に入れる部材のことです。汚れ、傷から塗を保護し、壁と床の間に隙間を隠し、部材の収縮に対応します。
破風
(はふ)
切妻や入母屋屋根の妻側の三角形の壁面のこと。そこに取り付ける板を破風板という。
はめ殺し窓 ガラスが固定された開け閉めのできない窓。採光用に使われます。フィックス(Fix)窓ともいう。

(はり)
垂直に立つのが柱、横に寝ているのが梁です。梁はまっすぐの角材ではなく、本来は弓なりに反ったものをいいます。「つっぱり」「よくばり」もその語源はこの「はり」から来ています。
バリアフリー住宅 高齢者や障害がある人にとって障壁(バリア)が無い家のこと。段差を無くし、手すりを設置し、車椅子でも通れる入り口など、安全や使いやすさを全ての人が享受できる家をめざします。
バルコニー 建物の主屋(おもや)からはねだした露台のこと。一般的には吹きさらしになっています。
パントリー 食料品や食器を入れておく小室、または配膳室のこと。厨房に隣接して配置する場合と、食事をとる部屋に近づける場合があり、配膳における一連の動作がスムーズに進むように設計すると良い。
PC造
(ぴーしーぞう)
プレキャストコンクリートを使用した建築構造のこと。鉄骨の骨組にプレキャストコンクリートをはめこむことによって造られる建築構造である。
Pタイル
(ぴーたいる)
プラスチック系床材であって、タイル状に成型されているものを「プラスチックタイル」または「Pタイル」という。
日影規制
(ひかげきせい)
建築基準法第56の2条に基づく規制。近隣に及ぼす日影を規制するために制定されました。

(ひさし)
通常、窓・出入口の上部につける片流れの小屋根のこと。
ビルトイン はめ込み、つくり付けの家具、設備。一般に建築工事と同時に仕上げます。今では、システムキッチンに組み込まれた電化製品をビルトイン機器というように呼んでいます。
広縁
(ひろえん)
一般的に広い縁側、庭に面している廊下のこと。
ピロティ 本来はフランス語で「杭(くい)」のこと。そこから派生して、建築物を柱だけで支え、1階部分が自由に通り抜けできるようになった建築スタイルのことを「ピロティ」と称するようになった。現在の建築用語では、1階部分の一部にあり、2階の重みを柱だけで支えた空間のことを「ピロティ」と呼んでいる。
フーチング 基礎の底部を幅広くした構造のこと。断面は「T」の字を逆さまにしたような形状となる。このフーチングを地盤面の下に埋め込むことにより、基礎全体を水平方向に安定させると同時に、地盤の支持力を高めている。
吹き抜け 玄関やリビングで、2階の床をなくしてできた高い天井の広い空間。風が吹き抜ける意味。高窓、ペンダントライト(天井から下げる灯具)などで空間を演出することが出来ます。
伏せ図
(ふせず)
一般の平面図では書き表せない構造的な組みかたを表した平面図。部材の大きさ・長さを表示してあります。
不燃材料 一般的にはコンクリ−ト、レンガ、瓦、石綿スレ−ト、鉄鋼、アルミニウム、ガラス、モルタル、しっくいなど、燃えにくい材料のこと。
踏み面
(ふみづら)
階段の上面のこと。
フロ−リング 廊下、洋間などの床の仕上げに張る比較的幅のせまい板のことで、一般にナラ、ブナなどの硬いムク材で出来ています。最近は合板、集成材を使うことも多くなっています。
平面図 いわゆる間取り図。開口部の種類などもわかるように描かれています。
ベタ基礎 建物の下部を全部基礎にすること。軽くて丈夫な木造軸組構造では、特に地盤の悪い場合に用いられます。
防火構造 木造の外壁や軒裏を燃えにくい材料で覆って延焼の防止を図った構造。
ホームオートメーション
(HA)
防犯やガス漏れをチェックしたり、電話回線を利用してエアコンやボイラ−を操作する家庭用のシステムのことをいいます。
ほぞ 木材を接合する箇所で、片方の木材の端につくる凸型のこと。ほぞが入る穴がほぞ穴です。目的によってさまざまなタイプがあります。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行