用語集 -GLOSSARY-

  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行

や行

屋根勾配
(やねこうばい)
屋根の傾斜の角度のこと。
床下換気口 主に木造住宅の布基礎の部分に設けられる小さな開口部。床下の風通しを良くし湿気を防ぐ目的をもっており、建築基準法では壁の長さ5mごとに設けるよう定められています。
床高
(ゆかだか)
床の面から真下の地面までの高さをいいます。建築基準法では45cm以上必要です。
床暖房 床下に熱源を入れて下から部屋を温める暖房のこと。部屋全体が効率よく平均的に暖まります。温水式と電気式があります。
床面積 各階ごとの床面積のことです。吹き抜けは当然2階の床面積には入りません。
洋小屋
(ようごや)
洋小屋は、部材を三角形状の骨組に組み立てる構造で、曲げが生じにくいので、比較的大きな空間や大きな梁間の建物に向いています。
養生
(ようじょう)
工事の途中ですでに仕上がった部分や部材が痛んだり傷ついたり、汚れたりするのを防ぐため、カバーをかけ、床の上に敷物を置くなどの方法で保護をすること。取り壊しなどで、隣接している家屋に被害を与えないよう保護することも指します。
容積率 敷地面積に対する延べ床面積の割合のこと。 延べ床面積÷敷地面積×100=容積率(%) 建ぺい率と同様に用途地域と場所によって異なります。
用途地域 都市を利用目的に応じて地域区分し、それぞれの地域においてその用途にふさわしい建物を許し、目的に合わない建物を制限します。
寄棟
(よせむね)
屋根の形状。四方に勾配をもつ寄せ棟作りの屋根のこと。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行